コンピテンシー

『マイコンピテンシー』はコンピテンシー(発揮能力)測定テストです。

近年の労働力人口の減少を背景に、人材の採用は非常に難しくなってきています。
特に、優秀な人材や企業ニーズにマッチした人材の獲得は、これからますます困難を極めていくでしょう。
この先、企業を強くしていくためには既存人材の育成、つまり“採用から教育投資”への戦略の転換が求められます。

そしてその育成・教育は、既存人材の現在のコンピテンシー(発揮能力)を知ることから始まります。

『マイコンピテンシー』は被検者のコンピテンシーを正確に導き出す日本で唯一の測定テストです。
独自の行動分析の結果と心理アドバイザーの専門的研究(その間の何千名にも及ぶモニタリング)をもとに2000年にリリースされた「マイコンピテンシーα版」は、15年間で700企業、推定70,000名以上の方々にご活用いただいてきました。

そのグレードアップバージョンである『マイコンピテンシー』が、貴社の人材育成の第一歩をお手伝い致します。

コンピテンシーという概念

コンピテンシーとは『できる人の行動特性』のことです。

高業績者(できる人)には共通するいくつかの行動特性があるとされ、それをモデル化することで、人材育成や採用、評価における明確な基準として活用することができます。

行動特性は成果への連動性が高い、非常に重要なファクターです。 『マイコンピテンシー』では、独自に確立された8群75項目のコンピテンシーモデル=“できる人に共通する行動特性”を基準に、被検者の行動特性(強み・弱み)を測定します。

特殊な設問形式

従来の設問形式(あてはまる・あてはまらないの5段階評価)では、“どれにチェックをつければ良い結果を狙えるか”が容易に予測できるものでした。
『マイコンピテンシー』では特殊な設問形式(最も近いものを2つ/最も遠いものを1つ選択 or 最も近いものを1つ/最も遠いものを2つ選択)を採用。意図的に「自分自身を良く見せること」ができず、30問というコンパクトな問題数でも信憑性の高さを担保でき、さらに被検者の時間的・体力的負担の軽減を実現できます。

多角的なフィードバック

大切なことはその人の強み・弱みを知るだけでなく“育成”することです。

コンピテンシーでは結果を多角的な側面から捉え、報告書も人材育成を見据えたものとなっております。

結果は以下4つの側面で表示

①行動傾向
本人の行動傾向をタイプ別に表します。

②専門性
専門性の中でも対人関係に強いのか、業務遂行に秀でているのか、戦略思考に優れているのかを表します。

③リーダーの可能性
将来どんなリーダーになる可能性があるかを表します。

④コンピテンシーの全体バランス
各コンピテンシーの発揮状況を表します。
また、最も重要なことは被検者自身が結果を真摯に受け止め、次へのステップに意識を向けることです。
そこで当社では対面でのフィードバックまでをお手伝い。※オプション
被検者自身による行動目標の設定を促します。

サービスご利用の流れ

①申し込む
お申込み・ご相談はお電話、またはホームページから承ります。
②登録・設定
●管理者登録
●受検対象者の登録
●対象者への「受検ご案内」メール配信
③受検
お手元のPCにてご受検いただけます。
④受検結果
以下よりお選びいただけます。
①管理者がPC上で確認
②当社にて報告書の出力(当社スタッフによるフィードバックの場合)
⑤フィードバック
測定結果を具体的な行動目標に落とし込みます。

サービス内容

価格 受験料 3,000円(税抜)/1名
オプション 当社スタッフによるフィードバック
(結果説明・目標設定サポートなど)
その他のオプション “組織力”の測定も可能な以下のオプションサービスもご用意しております。
組織診断「組織としての3軸モデル」
(組織としての持ち味を表現します。)
組織診断の「組織としての強み・弱み」
(組織としての強み・弱みコンピテンシーを抽出)
●各種セミナー研修:診断結果に合わせた研修プランをご提供します。
●オリジナルの評価基準・採用基準の構築等のご相談もお待ちしております。